How Mitsubishi Fuso is Building a Factory of the Future Aided by Robots
消費と生産​

三菱ふそうのロボット導入による「未来工場」づくり

「未来の工場」という概念は、テクノロジー業界ではよく使われるものの、それが何を意味するのか明確ではありません。考えてみれば、工場の現代化とは、効率や性能を高めるための技術を追い求めることである。正解!「未来の工場」をバッチリ捉えているんですね!

未来の工場は、どれもが同じものではないし、そうであるべき形が存在するわけでもない。工場はそれぞれの要望に合わせて現代化されていくものです。

三菱ふそうのような商用車メーカーにとって、工場生産の現代化とは、工場のレイアウト、端から端までのコネクティビティ、最先端の分析など、いくつかの重要な分野に注力することを意味します。

さらに、三菱ふそうはロボティクスと自動化を通じて、この課題に挑戦しています。

そのため、FUSOは、サブアセンブリーへの協調ロボットの導入や検査工程へのビジョンベース型人工知能の使用など、さまざまな自動化のテーマに取り組むためのオンサイト施設、「BotLab」を設立しました。

これらのテーマを研究するために、「BotLab」はファナック、安川電機、ユニバーサルロボット、KUKA、TechMan Robotsなど、さまざまなロボットブランドと協力してきました。

最新のトピックの一例として、ピッキングロボットがあります。このロボットは、部品をつかみ(ピックアップ)して、キッティングゾーン(組立エリア)の別の置き場に配置するような反復作業を処理することで、生産作業者をサポートするように設計されています。

キッティングとは、製品の組み立てに必要な部品をピッキングして納品する作業のことを言います。

このようなサポート作業の自動化が実現できれば、作業者はより複雑で付加価値の高い業務に集中することができます。

「BotLab」は、工場の効率化と作業者の利便性を高めることを目標に、製品工場に新しい技術を導入・展開する場所です」と、FUSO工場自動化チームのChen Lichiehは述べています。

業務自動化支援

業務自動化支援

BotLabでは、FUSOの未来工場チームが、作業者とともに働くことのできる協働型ロボットの採用を目指しています。つまり、ロボットと人の間には安全柵のような物理的な仕切りが不要な作業環境を目指しています。

協働作業ロボットには2つの利点があります。

まず、安全柵がなくてもロボットは作業者のそばで作業できるため、設置スペースが狭くても構いません。

また、ロボットのグラフィカルユーザインタフェース(GUI)が使いやすく設計されており、プログラミングが簡単にできることです。これにより、異なる作業への再展開がより簡単になり、専門のプログラミング業者への依存度も下がります。

協働ロボット導入の課題

BotLabにとって一番大きな課題は、自動化すべきタスクを適切に見極めることです。協働ロボットは通常、細かい作業では作業員よりはるかに遅いので、いつ、どこで使うかを見極めるのは難しい。

また、ロボットが品質や効率に与える影響を検証することもとても重要です。

さらに、ロボットを導入する前に、作業者が安全性や効率性についてトレーニングを受ける必要があります。作業者からのフィードバックがなければ、ロボットを適切に設定することは難しいでしょう。

実証プロジェクトの成功例

ロボットプロジェクトの成功例

協働ピッキングロボット

協働ピッキングロボット

一部の業務では、作業者が手作業で部品を順番通りにピッキングしています。この作業にはミスが発生するリスクが高いです。一方、作業員には無人搬送車(AGV)を起動させる作業もあります。AGVは、あらかじめ設計された経路をたどり、用意された部品を組み立てラインの適切な使用箇所まで自動搬送する機械です。

BotLabは、作業者のサポートとして、順次部品のピッキングプロセスを完全に自動化するロボットソリューションを開発しました。これにより、生産性が向上し、ミスのリスクが減少しました。さらに、自動化をAGVに拡大することで、作業員を他の作業に専念させることができるようになりました。

重量物搬送・組立ロボット

重量物搬送・組立ロボット

フライホイール(クラッチと変速機をつなぐ部品)の組み立てでは、作業員が20kg(45lbs)以上の重量物を搬送装置で扱い、移動させます。これは手間のかかる、付加価値のない単純作業であり、作業上の人間工学にも悪影響を及ぼすものでした。

BotLabは、これらの作業を代行する自動化されたロボットプロセスを導入し、全体的な生産性、作業上の人間工学、安全性を向上させました。

ビンピッキングロボット

ビンピッキングロボット

作業者が手作業で行うキッティングは、ミスが発生しやすいプロセスの一つです。

BotLabでは、専用のロボットとカメラシステムを採用し、キッティングプロセスの一部を自動化することで、作業者の負担を軽減させました。通常、このロボットは1日に2,500個以上の部品をピッキングします。

自動化のほか、ロボットのサポートにより、キッティングプロセスでのミスを減少させることもできました。

リサーチとフィードバックが鍵

リサーチとフィードバックが鍵

三菱ふそう・BotLabとのコラボレーション

三菱ふそうは先日、BotLabのピッチングイベントを開催し、外部のイノベーターを招き、いくつかの差し迫った課題についてコラボレーションを行いました。

FUSOの専門家は、革新的なソリューションが必要となる2つの分野について情報を共有しました。

1つは無線接続を備えた社内用自動ピッキングロボットに関するテーマ、もう1つはボルトの締め付けと検査の自動化に関するテーマです。

今回の企画では30件以上の応募が集まり、その中から17社が選ばれ、対面でのピッチが行われました。現在、共同研究の可能性を検討する段階です。

BotLabは、工場の自動化に関するアイデアやイノベーションを積極的に受け入れています。ぜひ、FUSO GreenLabにご応募ください。

ディスカッション

考えを共有する

MFTBCCookieを使用しています

当社のウェブサイトは利便性の向上およびサイトの改良のためにCookieを使用しています。Cookieの使用にはユーザーの同意が必要です。同意は、いつでも取り消し可能です。詳しくは「設定」メニューとCookieの使用に関する方針をご参照下さい。

Cookieの使用に関する方針 Provider

JP